MPA認定フォトマスター検定のご案内

MPA認定フォトマスター検定を受験するためには、最低1科目以上のMPA認定講座に合格し、MPAに加入している必要があります。一般の方を対象とした検定ではございませんのでご注意ください。MPA認定フォトマスター検定に合格すると、所有資格のMPA認定講座を開講することができます。

  • HOME
  • MPA認定フォトマスター検定のご案内
MPA認定フォトマスター検定開催情報
MPA認定フォトマスター合格までの流れ

以下の流れでMPA認定フォトマスター検定に合格となります。

※事前に、写真・カメラに関する知識を参考図書にて自己学習していただきます。参考図書の詳細は本ページ最終項に記載のMPA認定会員限定の別ページを参照ください。

  1. MPA認定講座(ベビグラファー、キッズグラファー、マザーフォトミック)のうち最低1科目以上の合格
  2. MPAへ加入
  3. MPA認定フォトマスター入門検定検定(10,800円)の合格
    →WEB試験システム『うか郎君』にて筆記試験 →25点/30問で合格。制限時間25分
  4. 会場で実施される合計2回の「MPA認定フォトマスター検定」のクリア
  5. 以後、取得科目(ベビグラファー、キッズグラファー、マザーフォトミック)の受講スタート(限定3名)
  6. 2回目の検定クリア日から起算して6ヶ月以内に計3名の合格者を輩出すること
  7. MPA認定フォトマスター卒業検定(32,400円)の合格
    →WEB試験システムうか郎くんにて筆記試験→45点/50問で合格。制限時間30分
MPA認定フォトマスター検定詳細

【1回目】
(午前)理論習熟度の確認試験(筆記)・理論弱点補強セミナー・ご自身の弱点ポイントの把握
(午後)プロとしてのフォト講評・選定眼の養成

  • 事前に指定した写真を撮影していただき、その作品に対して採点・講評をしていただきます。
  • 写真はSDカードに保存の上持参してください。
  • 試験に提出した写真は持参不可能です。
  • 原則、3ヶ月以内に撮影した未加工の写真に限ります。

【2回目】
(午前)理論習熟度の確認試験(筆記)・理論弱点補強セミナー
(午後)1回目のセミナー終了後、個別に与えられる課題に対するプレゼン、写真の講評など

【諸注意事項】

  • MPA認定フォトマスター検定では、RTA認定マスターベビグラファー検定で実施していた、親子モデルさんを招いての撮影検定、指導検定は行いません。
  • 1回目に参加された方は、2回目に参加することができます。2回のセミナーを通じて合否が判定されます。1回目のセミナー終了時点では合否は判定しません。
  • MPA認定フォトマスター検定料金
    • MPA認定フォトマスタ入門検定(WEB試験システムうか郎くんにて):10,800円
    • MPA認定フォトマスター検定料金:172,800円(2回分)
      ※ベビグラファー、キッズグラファー、マザーフォトミックに合格後1ヶ月以内にフォトマスター入門検定を受験し合格した方は、64,800円(初回)+86,400円(2回目)
      →計151,200円
    • MPA認定フォトマスター卒業検定(WEB試験システムうか郎くんにて):32,400円
    • 2回目の検定終了後不合格になった者は、以降2回目の検定・セミナーから出席可能(参加料金 86,400円)
    • MPA認定フォトマスター有資格者は、10,800円でMPA認定フォトマスター検定にオブザーバーとして参加することができます。
    MPA認定フォトマスター入門検定の受験時期について

    MPA認定フォトマスター入門検定に関しては、時期に関係なく、随時受験可能です。うか郎くんにてご自由に受験してください。

    MPA認定フォトマスター検定の参考図書とお申し込み方法(要MPA会員限定ページ閲覧パスワード)

    MPA認定フォトマスター検定のお申し込みと参考図書についてはこちらのページを参照ください。
    (閲覧にはMPA会員限定ページと同じ閲覧パスワードが必要となります)

    MPA認定フォトマスター合格者一覧

    MPA認定フォトマスター合格者一覧はこちらを参照